NLP用語集:ミラーリング


ミラーリングを使うと話しやすい状態作ることができ、
信頼関係を築くやすくなります。



ミラーリングとは、NLPプラクティショナーコースの中で、
信頼関係を築くためのコミュニケーションスキルの
一つとして学びます。


そして、セラピストやカウンセラーがセッションの際に、
クライアントとの信頼関係を築くためにミラーリングを
使っています。それほど大切なスキルなのです。


なぜならば、人は自分に似ている・近い・一緒など、同類に感じるものに
親しみや安心感をいだくからです。


その結果、お互いの間に話しやすい空気や雰囲気を作ることができ、
心理的にも調和のとれた状態を作ることができます。



では、具体的にはどのように行うかをお伝えします。


ミラーリングとは、目の前にいる相手の姿勢に鏡のように合わせます。
鏡のように合わせることによって、話し相手は自分と
似ている・近い・同類であるという感覚を持ち、親近感・安心感をいだきます。


具体的な行動としては、座り方や身振り・手振り、頷きなどに合わせます。
相手が顔を触ったら、自分も同じ箇所を触るなど、
相手に違和感を感じさせない程度に、鏡のように合わせていきます。


また、ミラーリングを使って相手に合わせる目的は、
ラポールを築く以外にもあります。


それは、違和感を与えることで、相手を不快にさせたり緊張や警戒をさせないためです。
例えば、落ち着いて話す人に、早口で話しかけるシーンをイメージして下さい。
恐らくお互いに、噛み合わないなと感じるはずです。
すると、ラポールを築きにくくなります。


ですので、コミュニケーションで信頼関係を築く、相手を大切にするという
視点で見た時に、ミラーリングを行うことは、本来自然なことです。


本当に仲の良い夫婦などは、仕草が似てきますが、
逆に言えば、相手に合わせるという形から入ることで、
信頼関係を築くことができます。


このように、ミラーリングを始めとして、NLPではラポールを築くための
スキルとして、ペーシングバックトラッキングが存在しています。
是非、ベストなコミュニケーションにお役立て下さい。 

NLP無料レポート

NLP体験講座

NLP体験講座
NLP-JAPANラーニング・センターの社会貢献活動
メディア掲載
団体選び7つのチェックポイント
編入をご希望の方へ
安心の返金保証
アクセス
スタッフ募集
セミナー関連グッズ販売
  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ