NLP用語集:ペーシング


コミュニケーションにおいて信頼関係を築くことができます。


NLPのペーシングとは、ラポールテクニックの一つです。
ラポールテクニックとは、他にもバックトラッキングや
ミラーリングというものがあります。


NLPでいうラポール(信頼関係)を築く際に欠かせないものです。


その中でも、NLPのペーシングは基本となるテクニックです。
さらにペーシングの考え方は、対面したコミュニケーションだけでなく、
文章やメール、ビジネスレターなどにも使うことができるのです。


数多くのビジネス書やコミュニケーション講座などでも、
基本として取り上げられていて、実用性と使いやすさがある
コミュニケーションテクニックなのです。


「相手が話しやすい雰囲気や空気をつくりだし、安心感や心地良さを感じてもらう」
というコミュニケーションで一番大切なことにも使えるNLPテクニックとして使われています。
そこではじめて、信頼関係を築きやすい状態ができるのです。

では、NLPのペーシング基本をご紹介します。


1、相手の話し方のスピードやリズムなどに合わせる


ゆっくりめに話す方には、ゆっくりめに。
少し早く話す方には、すこし早めに話します。


これだけでも、相手と自分の間に親近感が生まれます。
この親近感が、さらに心の距離感を近づけてくれるのです。


2、相手の声の大きさや高低に合わせる


大きな声の方には大きめの声で、小さい声の方には小さめの声で話します。
声の張りなどにも合わせていきます。


NLPのペーシングとは、それだけでも効果的です。
他にも、価値観や呼吸に合わせるなどのポイントが、
NLPのペーシングには存在しています。


それらも身につけていくことで、


・相手にとって話しやすい存在
・安心して心を開ける存在
・自分のことを話してもいいと思える存在


になることも出来るのです。

NLP無料レポート

NLP体験講座

NLP体験講座
NLP-JAPANラーニング・センターの社会貢献活動
メディア掲載
団体選び7つのチェックポイント
編入をご希望の方へ
安心の返金保証
アクセス
スタッフ募集
セミナー関連グッズ販売
  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ