NLP用語集:オーディトリー・スウィッシュ


オーディトリー・スウィッシュとは、音声を用いて、
過去の忘れたいと思っている体験から聞こえてくる
言葉や声を書き換える事が出来るテクニックです。

悪いと感じている感情を軽減したり、
記憶の書き換えをしたりする事ができます。

1、クライアントは、過去の記憶の中で、忘れたいと思っている事を思い出します。
  そして、アソシエイトし、自分の視点から強く印象を感じます。
  思い出す時は、記憶の印象を大きくする事をする。
  そして、VAKで言語化。

2、一旦、ニュートラルな状態に戻る。

3、望ましい状態を思い浮かべ、良い音声の声を思い浮かべます。
  例えば、「頑張っているね」「調子いいね」など。

4、一旦、ニュートラルな状態に戻る。

5、次に、大きなスピーカーをイメージして、
  そこから望ましくない音声が聞こえてくる事を想像する。
  そして、音が鳴り響いてきたら、リモコンを使って、
  スピーカーの電源を切る。

6、そして、次に望ましい言葉をイメージすることを想像します。
  その望ましい言葉が降り注ぐように、鳴り響く事を想像します。

7、そして、一連の流れを何回かくりかえす。

8、最後に、イヤな言葉やイヤな声を思い出して、変化を確認する。

以上のような一連の流れを行うワークとなります。

●メルマガ読者数 22,089名 「ビジネスと人生で使える天才たちの心理学」
http://www.nlpjapan.co.jp/usp06.html
●すでに21,278人以上の方がダウンロードした無料レポート「心理学NLPの秘密とは?」
http://www.nlpjapan.co.jp/muryo-report.html

NLP体験講座
NLP-JAPANラーニング・センターの社会貢献活動
メディア掲載
団体選び7つのチェックポイント
編入をご希望の方へ
安心の返金保証
アクセス
スタッフ募集
セミナー関連グッズ販売
  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ