NLP-JAPANラーニング・センター

ホーム > 初めてこのサイトにこられた方へ

初めてこのサイトにこられた方へ

芝健太はじめまして、
日本NLP協会/NLP-JAPANラーニング・センター
代表の芝 健太と申します。

まだNLPを知らなかった20代だった頃、会社に勤めながら様々な人と接し、私は人生を十二分に楽しんでいる人やビジネスの世界で高い結果を残している人達は、

「共通して人間の感情や心理メカニズムをよく理解している」ということに気が付きました。

つまり彼らは人の心の動き(心理)を手に取るように理解していたのです。

クリントン元大統領をはじめとして欧米ではたくさんの政治家も NLPを学んでいます。日本でも、ビジネスパースン、経営者、教育者、カウンセラー、コーチ、セラピスト、主婦、医師、弁護士、そして学生など、幅広い層に支持されNLPを学ぶ方が急増しています。


私自身も、そして多くのNLPを学んだ方々も人生をより豊かなものとし、ビジネスで結果を残せたのは、心理学(NLP)の知識を自分自身やビジネス、そして人間関係で応用したからに他なりません。


・思考・感情・行動のコントロール
・自分のマイナスと感じている部分を改善する
・他者をモチベートする方法
・悩みや問題を解決できる能力の向上
・目標を達成する


様々な面で、NLPが役に立つことをすでにたくさんの方が体験されています。

日本でも多くの方がNLPを学ぶようになりましたが、実は、現在日本では、NLPの人気に伴い様々な団体が乱立し、NLPを指導するトレーナーの質の低下が問題となっています。

「たくさんあって、どの団体で学んでいいのかわからない」

「学んでみたけど、内容が微妙だった」

ここ数年、このような話をあちこちで聞くようになりました。


そしてある団体の中には、公共広告審査機構(JARO)から注意を受けているにもかかわらず、「コミュニケーション(NLP)トレーニング市場でNo.1の実績」などという第三者機関の証明の無い広告をホームページに載せ続けているところまで出てきてしまいました。


消費者に対し、大きな誤解を招く可能性のある記載をし続けてでも参加者を集めたいというこういった不誠実な団体の代表者に対し、NLPを学ぶ方々から不満の声も多く、私たちも憤りを感じています。


NLP人気が高まることは素晴らしいことだと感じていますが、このような形で、マイナスな部分が出てきているのも正直なところです。


これらのことを重く受け止め、日本のNLPのクオリティーの管理・向上を目指して、


2009年1月19日付けで
『一般財団法人 日本NLP協会』を設立いたしました。

そして、

これからNLPを学ぼうとされる皆さんに一番ベストなものを提供したいという私のこだわりから

日本で唯一、世界有数の多数の講師陣と連携し、万全の体制を築いております。


また当スクールは、
日本で唯一、NLPのトレーニングの最上級の資格であるマスタートレーナーの資格認定を行う団体としても活動しています。

当スクールのテーマは、
安心して、日本で1番 質の高い学びを、提供させていただくことにあります。


これらを実現するために、

私自身10日間のNLPプラクティショナーコースを国内・海外合わせて5つ、そして上級のNLPマスタープラクティショナーコースも5つ終了してきました。


更には

NLPのトレーナーになるためのトレーニングも関連のトレーニングを合わせて5つ終了しています。

 

どの内容をどのような形で受講者の皆さまに提供していくのがベストなのか、国内外、様々な団体でトレーニングやコースを受講し、No.1のカリキュラムを作り上げてきました。

なぜ今日本で1番のスクールになれたのかと
ご質問をいただくことが増えました。

 

同じカリキュラムでも構成や伝え方で、同じものとは思えないくらい別物になることがあります。


私たちのスクールの内容は、
NLPを提供する様々なスクールのベストの中のベストを選りすぐって構成しています。

だからこそ
受講生の皆さまから高い評価をいただいていると思っています。


日本のNLPの中心的な存在として、これからもNLPを学ぶ方々のために、クオリティーの向上に勤めていきます。


「NLP」それはあなたに新しい世界の扉を開いてくれる新しい心理学。


新たな学びを楽しむ前に、NLPがどのような可能性をもっているのか、それぞれのページをどうぞご覧ください。

単なる知識や学問としてでなく、仕事や日常・家庭生活にすぐに活用できるものを学びたいという方のご参加を歓迎します。

それでは、セミナー、
または認定コースでお会いしましょう!

一般財団法人 日本NLP協会 代表理事 全米NLP協会 公認トレーナー 芝健太

このページの先頭に戻る