NLP-JAPANラーニング・センター

ホーム > LABプロファイル® | 言葉の魔術師になるためのトレーニング

  • LABプロファイル® プラクティショナー認定コースセミナー
  • LABプロファイル® プラクティショナー認定コースDVD
  • LABプロファイル® マスタープラクティショナー認定コースDVD
  • LABプロファイル® コンサルタント&トレーナー認定コース
  • LABプロファイル® マスターコンサルタント認定プログラム
  • LABプロファイル® 特別セミナーDVD

LABプロファイル(R)トレーニング

突然ですが、質問です。

少し想像してみてください。
『言葉だけで人に影響を与え、人を説得できるようになる。』
もし、このことが可能になったとしたら、あなたの日常、そして人生はどのように変わるでしょうか?

実は、このことを可能にするためのトレーニングが、日本でも受講できるようになりました。
講師は、世界的な言語パターンの権威、シェリー・ローズ・シャーベイ氏。

彼女は、『人に影響を与える説得術の達人』と言われています。
彼女は、カナダNLP協会の創始者であり、初代会長を務めたトレーナーです。
2009年度には、カナダ プロフェッショナル スピーチ協会の会長も勤めている人物です。

シェリー・ローズ・シャーベイ「Words That Change Minds」

彼女の著作 「Words That Change Minds」は、世界にある複数の大学で教科書として採用されています。

その彼女が日本に来日して、トレーニングを行います。


例えば、最近では、オバマ大統領などが巧みな語り口調で、人々を魅了したのは記憶に新しいことだと思います。

活躍しているビジネスパーソン、教師、経営者、政治家、世界のリーダーやカリスマと言われている人々は、共通してメッセージの伝え方、つまり言葉の使い方が非常に卓越しています。


言葉の魔術師と称される人々は、実は、相手のタイプや傾向、必要な場面・状況に合わせて的確なメッセージを発信する能力を身につけています。

どんなタイプにどんな言葉を使えばいいのか。
また、どのような心理状態には、どのような言葉がけをすることで、人を動かすことができるのかを彼ら/彼女らはよく知っているのです。


これらが自在にできる様になるためのトレーニングを行います。

このLABプロファイル トレーニングは、以下の方々におススメです

  • 教師(指導者)、リーダー(管理職)
  • 経営者、セールスパーソン、起業家、コンサルタント
  • セラピスト、コーチ、そしてNLPの学びを更に深めたい方
  • 人事担当者、報道関係者、広報、マーケッター、コピーライター
  • 自身のカリスマ性を高めたい方
  • コミュニケーション能力を飛躍的に向上させたい方


言葉で人に影響を与える立場の方、全員必須のトレーニングです!

LABプロファイル(R)トレーニングセミナー風景
LABプロファイル(R)トレーニング デモンストレーション風景

言語パターン(LABプロファイル)とは?


NLPのメタプログラムが進化して開発されたLAB(ラブ)プロファイルは、言葉と行動を分析し相手の思考パターンを把握します。

LABプロファイルの LAB は、Language and Behavior の頭文字をとったもので、言葉(Language)と行動(Behaviour)の関係性を分析したものです。

LABプロファイル(NLPメタプログラム)は、「心を変える言葉の魔術」とも言われていて、14のカテゴリー(12の質問)と37のパターンを使い瞬時に相手のパターンを把握するスキルです。

仕事や日常の場面で、相手の認知フィルターを特定し、相手に伝わる(影響する)言葉を使うことが出来るようになります。

日常の会話でももちろんのこと、クライアントとの信頼関係構築、人事、セールス、マーケティング担当者、管理者、経営者など様々な場面で効果的に活用できるスキルです。


LABプロファイル トレーナーズ・トレーニングを受講された方々の声をご紹介致します。ぜひご覧になってください。 
※音量を調節してご覧下さい。


LABプロファイル(NLPメタ・プログラム)の歴史

NLPの初期の研究者であるリチャード・バンドラーの当時の妻、レスリー・キャメロン・バンドラーが中心となって、チョムスキー(言語学者・思想家)の業績を応用しました。

キャメロンは、思考や行動には人それぞれによって違いが表れると仮定し、セラピストとしての経験を元に約60のパターンを特定しました。それをNLPの「メタ・プログラム」と名付けました。

NLPのメタ・プログラムとは、人が外界と関わるときに使うフィルターのことを指します。
例えば、あなたもコミュニケーションする相手によってはメッセージがなかなか伝わらず苦労した経験が1度はないでしょうか。

人には人それぞれが持つ独自の窓のようなものがあり、伝達される情報はその窓を通してやり取りされます。

そして、この心の窓は人それぞれ独自の形をしているため、その形に合ったものだけが出入りすることができます。

よって、心の窓に合ったものでなければ同じ言語(日本語)を話していても、なかなかメッセージが伝わらないということが起こるのです。


そして、このNLPのメタ・プログラムは、引退したキャメロンの教え子であったロジャー・ベイリーらにより、IPUプロファイル(後のLABプロファイル)としてマニュアル化されていきます。

当初NLPのメタ・プログラムには、60種類ものカテゴリーがありましたが、ベイリーによって14種類にまで減らすことに成功し、日常のコミュニケーションで活用しやすいものとなりました。

その後、ベイリーのフランスでのワークショップの通訳を勤めていたシェリー・ローズ・シャーベイによって、1995年『「影響言語」で人を動かす』が著され、世界中にLABプロファイルが(NLPメタプログラム)が広がっていくことになります。

その結果、世界中の名だたる企業や団体がLABプロファイルをシェリーから 学ぶことなりました。

LABプロファイル(R)トレーニングの学び方

LABプロファイルのトレーニングは、2種類です。

●基礎を学ぶ
 『LABプロファイル プラクティショナー認定コース』
 ※開催地:東京


●実践で活かすレベルへ飛躍させる
 『LABプロファイル マスタープラクティショナー認定コース』
 ※開催地:東京


●LABプロファイルを教えることができるようになる認定資格の
 『LABプロファイル トレーナーズ・トレーニング』の2つから構成されています。
 ※開催地:東京


●LABプロファイルのマスターレベルに引き上げる
 『LABプロファイル マスターコンサルタント認定プログラム』の4つから構成されています。
 ※開催地:東京


認定トレーナーとなることで、言語のエキスパートとして、研修や講演などでもご活躍いただけます。


※『LABプロファイル トレーナーズ・トレー二ング』は、『LABプロファイル プラクティショナー認定コース』を修了された方がご参加いただけます。

それぞれのページをご確認いただき、どうぞ新しい世界が広がるこのトレーニングにご参加ください。

会場でお会いできるのを楽しみにしています。

一般財団法人 日本NLP協会 代表理事 全米NLP協会 公認トレーナー 芝健太

このページの先頭に戻る