NLP用語集:代表システム(VAKモデル)

コミュニケーションのギャップを生み出しているもの。
そして、コミュニケーションでの意思の疎通を円滑にするものが、
NLPの代表システム(VAKモデル)です。


また、NLPの代表システム(VAKモデル)を意識することで、
あなたの感覚の鋭敏さを高めることができます。




NLPの代表システム(VAKモデル)とは、五感で感じるものを
3つの代表的なモデルに分類したものです。


五感を大きく分けると、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の
5つになりますが、代表システム(VAKモデル)では、
視覚・聴覚・身体感覚の3つに分類します。
順にV・A・Kで表されます。



VAKモデルのVAKは、それぞれの用語の頭文字をとったものです。


V(Visual)・・・視覚
A(Auditory)・・・聴覚
K(Kinestic)・・・身体感覚


NLPの代表システム(VAKモデル)は人によって優位性があり、
どの感覚を強く感じるかは、人によって変わってくるのです。



◎代表システム(VAKモデル)を自分に活用する方法
・自分の優位感覚を知ることで、学習効率を上げる事ができます。


視覚優位の方は、目で見ながら学習すると効率がよくなります。
聴覚優位の方は、オーディオ学習など音を聞くことで学習の効率がよくなります。
身体感覚優位の方は、身体を使うことで学習の効率がよくなります。


◎代表システム(VAKモデル)を相手に対して活用する方法

・相手の優位感覚を知って、コミュニケーションを円滑にする事ができます。

視覚優位の方は、
絵や写真などを見えながら話すとスムーズにコミュニケーションを取れます。

聴覚優位の方は、
じっくり話をすることでスムーズにコミュニケーションができます。

身体感覚優位の方は、
商品や説明したいものを触ってもらうなど、実際に体験してもらうことで
スムーズにコミュニケーションができます。



コミュニケーション相手の優位感覚を知ることで、相手の感覚に合わせて、
表現を使うことができます。逆に感覚が合わないことで、コミュニケーションが
咬み合わない、メッセージが伝わりにくいということが起こります。


ですので、NLPの代表システムを通して、相手の優位感覚を知り、
感覚に合わせてコミュニケーションを取ることで、今まで以上に効果的で、
ズムーズなコミュニケーションを取ることができるようになります。

NLP無料レポート

NLP体験講座

  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ