NLP用語集:ペーシング - NLP-JAPAN ラーニング・センター 東京・名古屋・大阪・福岡

お電話|月~金 12:00~18:00

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

NLP用語集

NLP用語集:ペーシング

コミュニケーションにおいて信頼関係を築くことができます。

NLPのペーシングとは、ラポールテクニックの一つです。
ラポールテクニックとは、他にもバックトラッキングや
ミラーリングというものがあります。

NLPでいうラポール(信頼関係)を築く際に欠かせないものです。

その中でも、NLPのペーシングは基本となるテクニックです。
さらにペーシングの考え方は、対面したコミュニケーションだけでなく、
文章やメール、ビジネスレターなどにも使うことができるのです。

数多くのビジネス書やコミュニケーション講座などでも、
基本として取り上げられていて、
実用性と使いやすさがある
コミュニケーションテクニックなのです。

「相手が話しやすい雰囲気や空気をつくりだし、安心感や心地良さを感じてもらう」
というコミュニケーションで一番大切なことにも使えるNLPテクニックとして使われています。
そこではじめて、信頼関係を築きやすい状態ができるのです。

では、NLPのペーシング基本をご紹介します。

1、相手の話し方のスピードやリズムなどに合わせる

ゆっくりめに話す方には、ゆっくりめに。
少し早く話す方には、すこし早めに話します。

これだけでも、相手と自分の間に親近感が生まれます。
この親近感が、さらに心の距離感を近づけてくれるのです。

2、相手の声の大きさや高低に合わせる

大きな声の方には大きめの声で、小さい声の方には小さめの声で話します。
声の張りなどにも合わせていきます。

NLPのペーシングとは、それだけでも効果的です。
他にも、価値観や呼吸に合わせるなどのポイントが、
NLPのペーシングには存在しています。

それらも身につけていくことで、

  • ・相手にとって話しやすい存在
  • ・安心して心を開ける存在
  • ・自分のことを話してもいいと思える存在

になることも出来るのです。

NLP用語集一覧はこちら
https://www.nlpjapan.co.jp/cat2/

NLP無料レポート
NLP体験講座
トップページへ

NLP-JAPAN ラーニング・センター|東京・名古屋・大阪・福岡

2004年の創設以来、12,316名もの方が当スクールでNLPを学ばれました。
メルマガ読者数も業界No.1を誇る日本で唯一の『NLP総合スクール』です。

よくあるご質問

お問い合わせ

03-5577-6921
[受付時間 月~金 12:00~18:00]

NLP学び方ガイド
日本コミュニケーション能力認定協会