NLP用語集:T.O.T.Eモデル


NLPの問題解決の手法があります。
その用語の名前は、T.O.T.Eモデルと言います。



T.O.T.Eモデルの頭文字は、
それぞれT(Test)+O(Operation)+T(Test)+E(Exit)という頭文字を表します。

この流れを持つ事によって、T.O.T.Eモデルの流れです。

T(Test)とは、文字通りテストの事です。問題解決をする際のテストです。

O(Operaton)とは、操作の事です。目標を達成する為の試行錯誤の事です。

E(Exit)とは、問題解決のループが終わった事を表します。


このような、流れを持って、NLPの問題解決の手法である
T.O.T.Eモデルを行います。


目標達成をする時に、まずはゴールを決定するわけですが、
ゴールを達成するためには、そのゴールに対して、
いくつかの試行錯誤を繰り返します。

それが、T.O.T.Eモデルの流れになります。

T.O.T.Eモデルの手法の根底には、
「物事には、失敗は存在しない、フィードバックが存在するのみ」
という考え方があります。

ですから、T.O.T.Eモデルのテクニックを使う時は、
Testの失敗をフィードバックとしてとらえる事が出来るのです。

TestとOperationを繰り返して、Exit(目標達成)をすればいいのです。


T.O.T.Eモデルは、NLPの問題解決のテクニックの一つです。
そして、T.O.T.Eモデルとは、あらゆる場面で使うことができます。


仕事・人生・人間関係で活用しながら、結果を出すことができます。
思考や行動のクオリティを高めることも出来ます。


NLPのT.O.T.Eモデルの考え方には、行動(T.O.T.EモデルのOperation)には、
上手くいく時とうまくいかない時があることが前提にあります。
それを前提にして、行動していき、フィードバックを活用することで、
徐々にベストなプロセスを作り出すことができます。


そして、T.O.T.Eモデルを意識することができるようになると、
結果を出すために、必要なプロセスや行動をイメージできるようになります。
そして、上手くいくパターンを作り出すことが出来るようになっていきます。


是非、お使い下さい。

NLP無料レポート

NLP体験講座

書籍案内

はじめてのNLP超入門

楽天ブックスで購入する

※各書店で在庫切れになっている状況です。改訂版を2019年2月までに発売する予定です

セミナー動画
NLPとは?3分で分かるNLP
  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ