スライト・オブ・マウス - NLP-JAPAN ラーニング・センター 東京・名古屋・大阪・福岡

お電話|月~金 12:00~18:00

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡
スライト・オブ・マウス メイン画像

『スライト・オブ・マウス』

― リフレーミング14パターンの魔法を
完全習得 ―

マジック・オブ・ランゲージの上級編ではありますが、NLPを学んでいなくても
受講することができます。

With Robert Dilts

「スライト・オブ・マウス」とは言葉と言語の魔法です。

言語とは、人がそれぞれの内面で持っているメンタル・モデルを構築するための
重要な表象システムの一つであり、周囲の世界に対する私たちの認識や反応に多大な影響を
与えるものです。

ジークムント・フロイトが指摘したように、
「もともと言葉と魔法は同じ1つのものであった」のです。

適切なタイミングで適切な言葉を発することで、
人の人生の流れを良い方向に変え、新たな展望や可能性を開くことができます

しかし残念ながら、言葉は私たちに力を与えてくれるものであると同時に、
私たちを混乱させ、制限するものでもあります。 誤ったタイミングで誤った言葉を使うと、
人を傷つけ、ダメージを与えることもあるのです。

スライト・オブ・マウスのパターンは、
人々の人生や感情に影響を与えるために言葉がどのように使われてきたか、
そして言葉をどのように使うことができるか、ということを研究することから生まれました。

スライト・オブ・マウスのパターンは、言葉の種類や特質によって構成されており、
言葉を通じて鍵となるビリーフを確立したり、変容させたりすることができます。

これらのパターンは、説得や会話の中でビリーフを変化させるための
パワフルなツールとなります。

スライト・オブ・マウスのパターンは、ビリーフや、ビリーフが形成されたメンタルマップに
影響を与える「言葉のリフレーミング」として特徴づけることができます。

このプログラムでは、ロバート・ディルツが中核となる
スライト・オブ・マウスのパターンを紹介し、
それらが私たちの人生を大きく変える可能性を秘めていることを示します。

この6日間(2つのモジュール)のプログラムでは、
有益なものにもなれば、有害なものにもなる言葉の力や、
言葉が与える影響の種類を決定する特質
そして
有害な発言を役立つ発言に変容させる言語パターンを探求していきます

トピックは以下の通りです。

  • スライト・オブ・マウス14パターンの定義と実例

  • 言語的介入のシステムとしてのスライト・オブ・マウスのパターン

  • スライト・オブ・マウスの質問

  • ビリーフの壁ビリーフの架け橋

  • 価値基準の階層を活用する

  • ビリーフの葛藤を解消する

  • ビリーフ・チェイニング

ロバート・ディルツのサイン
ディルツさんの写真

ロバート・ディルツ

robert dilts

ロバート・ディルツは、1970年代後半より有力なコーチとして、行動スキルトレーナーとして、ビジネスコンサルタントとして世界中で高い評判を得てきました。神経言語プログラミング(NLP)分野の主要な開発者であり、エキスパートとして、ロバートは世界中の個人と組織にコーチング、コンサルティング、トレーニングを幅広く提供しています。

ロバートはサクセス・ファクター・モデリングのテクニックと原理を開発し、このプロセスがリーダーシップ、創造性、コミュニケーション、チーム開発を向上させるために、いかに適用できるかについて数多くの書籍や記事を執筆してきました。

歴史上の指導者、企業のリーダー達の徹底的な研究に基づいた彼の著書Visionary Leadership Skills は、『人々が属したいと思う世界を作り出す』ために必要なツールやスキルを提起するために書かれました。

ロバートの著書Alpha Leadership: Tools for Business Leaders Who Want More From Life (with Ann Deering and Julian Russell) では、ストレスを軽減して満足度を促進するアプローチを含め、最新の効果的なリーダーシップを記録、共有する新たなリーダーシップのモデルを描写しています。

From Coach to Awakener では、クライアントが多様なレベルの学びと変化を得るというゴールを達成できる助けとなるようなロードマップとツールボックスのセットをコーチに与えてくれます。

ヒーローズジャーニーThe Hero's Journey: A Voyage of Self Discovery (with Stephen Gilligan)は、あなたの最も大切な使命を再び見つけ出し、制限のビリーフと習慣を変容してセルフイメージを改善するような学びと変容の旅路に一歩踏み出す方法を教えてくれます。

彼のこれまでの企業クライアントとスポンサーには、Apple Computer(アップルコンピュータ)、Microsoft(マイクロソフト)、Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード)、IBM、The Old Mutual(オールド・ミューチュアル)、Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)、The World Bank(世界銀行)、 Alitalia(アリタリア航空)、 Telecom Italia(テレコム・イタリア)、 RAI Italia(イタリア放送協会)、 Lucasfilms Ltd.(ルーカス・フィルム)、Ernst & Young(アーネスト&ヤング)、AT Kearney(A.T. カーニー)、 Salomon(サロモン)、The American Society for Training and Development(米国人材開発機構)、そしてState Railway of Italy(イタリア国営鉄道)などが含まれています。

また彼は、The International Coaching Federation (ICF)国際コーチ連盟、HEC Paris(経営大学院)、The United Nations国連、The European Forum for Quality Management(欧州品質管理財団),The World Health Organization世界保健機構、The Milt H. Erickson Foundationミルトン・エリクソン財団、Harvard Universityハーバード大学、International University of Monacoモナコ国際大学などの組織や団体でコーチング、リーダーシップ、イノベーション、集団知能、体系的学習と変化マネージメントなどに関するプレゼンテーションや基調講演を幅広く行ってきました。

1997年と1998年、ロバートはWeight Watcher's International(ウェイト・ウォッチャーズ・インターナショナル)プログラムの行動管理部分であるTools for Living のデザインを手がけました。

ロバートはまた、ISVOR Fiat School of Managementで准教授を15年間務め、リーダーシップ、イノベーション、バリューとシステム思考のプログラム開発を手伝ってきました。2001-2004年、ISVOR Fiat(Fiatグループの企業大学)とのジョイント・ベンチャー であるISVOR DILTS Leadership Systemsの主任研究員兼会長を務め、世界中の大企業に幅広い革新的なリーダーシップ開発プログラムを提供してきました。

Dilts Strategy Groupの共同創設者であるロバートは、行動変化を重視するコンピューターソフト及びハードを開発するBehavioral Engineering社の創設者兼最高経営責任者でもあります。カリフォルニア大学サンタ・クルス校にて、行動技術における学位を取得しています。

全国どこからでも受講可能!
会場受講 or オンライン受講

海外のロバート・ディルツ氏とオンラインで繋ぎ、
講座・トレーニングをライブ中継いたします。

「会場(東京)での受講」または「オンラインライブでの受講」
どちらかお好きな方法でご受講いただくことが可能です。

会場では、新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を徹底して行います。
オンライン受講は、ご自宅にいながら会場のご参加者と一緒に受講することができます。

あなたにとって学びやすい方法をお選びください。
ご参加をお待ちしております。

コロナウィルスの感染防止対策のため、会場は定員を設けております。
状況によってはオンライン受講形式のみに変更させていただく場合もございます。

会場の様子 会場受講の様子
オンラインの様子 オンライン受講の様子

セミナー日程・概要

日程・概要

講師
ロバート・ディルツ
日本語通訳がつきます
参加条件
(重要)

6月開催の当セミナーは、2022年1月(3日間)に開催された
セミナー(前期)の「後期」となります。

以下の条件を満たすことで「後期」からご参加いただけます。

【後期セミナー参加条件】
前期セミナー収録映像※1の視聴
5月8日(日)に開催される補講※2の受講
※1 前期セミナー収録映像の視聴について
お申込み後、マイページからご視聴いただけます。
補講の日までに必ずご視聴ください
※2 補講について
補講の詳細につきましては、下記をご覧ください。
日程
2022年5月8日(日)
費用
33,000円(税込)
講師
後藤昭雄
時間
10:00 - 18:00
場所
オンライン
日程
会場&オンライン(Zoom)同時開催
スライト・オブ・マウス
補講
2022年5月 8日(日)
補講はオンラインでの開催となります
後期セミナー
2022年6月25日(土)~6月27日(月) 計3日間
【東京会場】 満席
【オンライン】 受付終了
オンラインは、事前にテキスト発送を行う関係で、
コース初日の1週間前を目処に受付終了となります。
時間
9:00~16:30(全日程共通)
開催時間は変更が出る場合がございます。
ワークや講義の進行状況により、30分ほど延長する場合があります。
講座終了後のスケジュールには、ゆとりを持ってご参加ください。
セミナーの冒頭に重要なことをお伝えしております。
途中入室の場合、講義についていけなくなる可能性がありますため、
遅刻は厳禁とさせていただきます。
開催方法
会場とオンライン(Zoom)同時開催

海外のロバート・ディルツ氏とオンラインで繋ぎ、会場にてライブ中継で開催、
「会場開催」と「オンライン開催」を同時進行いたします。

  • ・東京会場での受講
  • 【場所】神田カンファレンス・ルーム
  • (詳細は、マイページよりご確認可能です)
  • ・オンライン受講
  • 【Zoom】

ご受講形式の変更につきましては、事前のご案内や資料送付等がございますため
【開催5日前】までにご連絡ください。

コロナウィルスの感染防止対策のため、会場は定員を設けております。
状況によってはオンライン受講形式のみに変更させていただく場合もございます。

<オンラインでの受講について>

トレーニングでは、グループでのワークを多数予定しています。
双方向の顔が見えるミーティング形式で開催しますので、
お顔を画面に映しての受講が必須です。

また、ペアやグループでのワークがございますので、
周囲の音がグループワーク時に他の方の妨げにならない環境でご受講ください。

なお、ご参加方法の詳細は、お申込み手続きをされた方へ、
「メール」と「マイページ」にてご案内をさせていただきます。

マイページはこちら ⇒

会場
会場は、お申込み後「マイページ」にてご確認いただけます。
【会場】東京都内/【オンライン】Zoom
費用
スライト・オブ・マウス 
後期セミナー受講
前期セミナーの収録映像+補講+後期セミナー)
価格333,000円(税込)
価格には「前期セミナー映像の費用」「補講費用」が含まれます。
前期セミナー映像は、2022年1月(3日間)にオンラインで開催された
セミナーを収録した映像です。
お申込み後、マイページからご視聴いただけます。
収録映像の内容
・DAY1:4本 DAY2:6本 
DAY3:5本 合計15本
1本あたり約30~60分 合計約12時間)
・テキスト(PDF)
講師:ロバート・ディルツ(日本語訳がつきます)
テキストはマイページ上より、PDFデータをダウンロードして
ご覧ください。
動画はマイページ上より、オンライン配信形式でご提供いたします。
インターネット接続が必要です)
お申込み日より1週間以内に受講料のお支払いをお願いいたします。
お支払い方法
銀行振込/ クレジットカード:一括払い・リボ払い・分割払い(支払回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
領収書:お支払いが完了となると、マイページより発行が可能となります。
受講対象
18歳以上の方
備考
本トレーニングは撮影・録音の上、メディアでの販売、当スクールホームページ上や動画配信サービス等への掲載を予定しております。
本トレーニングの録音・録画は、使用目的に関わらず一切ご遠慮いただいております。
講演内容につきましては、ロバート・ディルツ氏がご参加者層に応じて一部変更する場合がございます。予めご承知おきください。
ご参加申込み人数次第では、開催が延期または中止になる場合がございます。尚、延期または中止の際には、開催日の7日前までにご参加者様へご連絡いたします。
動画関連
注意(免責)事項
動画(映像)の著作権は弊社に帰属します。動画の一部または全部を、無断で複製、転載、改変、配布、販売などを固く禁止します。
動画再生や視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。データ通信量が一定の基準に達した時点で、通信会社での通信速度制限が行われることがあります。 スマートフォンやタブレットでご視聴の場合は、Wi-fi環境でのご利用を推奨します。 なお、発生したデータ通信費用について弊社は一切の責任を負いかねます。 予めご了承ください。
本動画は、オンライン動画配信サービスを使ってご提供いたします。商品の特性上、返品や返金、交換は承っておりません。
動画の視聴にあたり生じた、いかなる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。
アクセスが集中した場合やメンテナンス時は、映像をスムーズに視聴できない場合がございます。時間をおいてから再度アクセスをお願いします。
動画視聴(閲覧)は基本、日本国内のみからとなりますが、環境等により海外からも視聴ができることを確認しております。海外にて視聴(閲覧)をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。
本商品は会場(東京)、zoomで同時開催したセミナーの収録映像です。インターネット接続状況などにより、一部映像や音声が乱れる場合がございます。視聴に支障はございませんが、あらかじめご承知おきください。

セミナー申込み

後期セミナー受講

受付終了しました
お申し込みの際は本受講規約オンラインプログラム利用規約 に同意の上、
お申し込みください。

動画は「オンライン動画配信」でのご提供です。商品の性質上、ご決済完了後の動画キャンセル並びにご返金は承れません。また、後期セミナーのキャンセル時には、オンライン動画商品の通常販売価格を差し引きしてのご返金となります。あらかじめご承知おきください。

お電話でのお申込みも受け付けております。
お気軽にお問合せください。
受付時間:月~金(土日祝除く) 12:00~18:00
03-5577-6921

よくあるご質問

q
NLPを学んだことがありませんが大丈夫ですか?
a

NLPを学んでなくても参加できますが学んでいた方がより理解が深まります。

q
スケジュールの都合で「前期」の参加が叶いませんでした。その場合、「後期」のみ参加することは可能でしょうか?
a

「前期」の映像視聴+補講(オンライン開催)を受けていただくことで、「後期」の参加が可能になります。
詳しくはこちらからご確認下さい。

q
オンライン受講は、WEBカメラは必要ですか?
a

ワークやエクササイズを予定していますので、お顔を画面に映しての受講が必須です。
パソコンには、Webカメラ付きのものがありますが、もし機能がない場合は、
お顔を表示することができませんので、別売りのWebカメラのご用意をお願いいたします。

より良い学びを得ていただくため、ご受講は出来る限り
パソコン(デスクトップ・ノートパソコン)のご利用を推奨いたします。

スマートフォンでもご参加できますが、お勧めはしておりません。

q
オンライン受講の当日の参加方法を教えてください。
a

お申込み手続きをされた方へ、「メール」と「マイページ」にて
ご案内をさせていただきます。

詳細は、お申込み後「マイページ」にてご確認ください。

q
英語が話せませんが、参加可能でしょうか?
a

もちろんご参加可能です。日本語通訳がつきますので安心してご参加ください。

NLP-JAPAN ラーニング・センター|東京・名古屋・大阪・福岡

2004年の創設以来、20,968名もの方が当スクールでNLPを学ばれました。
メルマガ読者数も業界No.1を誇る日本で唯一の『NLP総合スクール』です。

よくあるご質問

お問い合わせ

03-5577-6921
[受付時間 月~金 12:00~18:00]

NLP学び方ガイド
日本コミュニケーション能力認定協会
TOP