用語集:VAKモデル(代表システム) - NLP-JAPAN ラーニング・センター 東京・名古屋・大阪・福岡

お電話|月~金 12:00~18:00

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

NLP用語集

VAKモデル(代表システム)

VAKモデル(代表システム)とは、五感を視覚(V)、聴覚(A)、身体感覚(K)の
3つの代表的なモデルに分類したものです。

VAKは、それぞれの用語の頭文字をとったものです。

  • V(Visual)・・・視覚
  • A(Auditory)・・・聴覚
  • K(Kinestic)・・・身体感覚(触覚、味覚、嗅覚)

NLPのVAKモデル(代表システム)は人によって優位性があり、
どの感覚を強く感じるかは、人によって変わってくるのです。

コミュニケーションのギャップを生み出しているもの。
そして、コミュニケーションでの意思の疎通を円滑にするものが、
NLPのVAKモデル(代表システム)です。

また、NLPのVAKモデル(代表システム)を意識することで、
あなたの感覚の鋭敏さを高めることができます。

◎VAKモデル(代表システム)を自分に活用する方法

このVAKモデルを活用することで
仕事や恋愛、家庭や学習に役立てることができます。

その一例として、自分の優位感覚を知ることで、学習効率を上げる方法をご紹介します。

それぞれのタイプの学習方法として、

視覚優位の方は、
目で見ながら学習すると効率がよくなります。

聴覚優位の方は、
オーディオ学習など音を聞くことで学習の効率がよくなります。

身体感覚優位の方は、
身体を使うことで学習の効率がよくなります。

◎VAKモデル(代表システム)を相手に対して活用する方法

相手の優位感覚を知って、コミュニケーションを円滑にする事ができます。

視覚優位の方は、
絵や写真などを見せながら話すとスムーズにコミュニケーションを取れます。

聴覚優位の方は、
じっくり話をすることでスムーズにコミュニケーションができます。

身体感覚優位の方は、
商品や説明したいものを触ってもらうなど、実際に体験してもらうことで
スムーズにコミュニケーションができます。

コミュニケーション相手の優位感覚を知ることで、相手の感覚に合わせて、
表現を使うことができます。逆に感覚が合わないことで、コミュニケーションが
咬み合わない、メッセージが伝わりにくいということが起こります。

ですので、NLPのVAKモデルを通して、相手の優位感覚を知り、
感覚に合わせてコミュニケーションを取ることで、今まで以上に効果的で、
スムーズなコミュニケーションを取ることができるようになります。

今なら、相手の優位感覚の見分け方人生や仕事での活用方法
解説した動画が無料で視聴できます。

よろしければ、下記よりご覧ください

VAKがよく分かる動画

無料の動画視聴は予告なく終了する場合がございます