NLP用語集:ミルトンエリクソン(人名)

心理学をかじっている人で知らない人はいないでしょう


心理学の勉強をしている人でまず知らない人はいないであろう人物がいます。
その人物の方の名称は、ミルトン・エリクソンと言います。

ミルトンエリクソンは催眠療法家として有名な人物です。

ミルトンエリクソンに関する書籍は色々と出ていますが、
実は、ミルトンエリクソン本人が書いた書籍は一冊も残っていません。

それでも、ミルトン・エリクソンの弟子に当たる方が
残した書籍はたくさん残しています。

自分では書籍を書いていないミルトンエリクソンですが、
弟子の方達が残すような、それぐらいとても偉大な催眠療法家なのです。



ところで、そのお弟子さんとミルトン・エリクソンの会話を紹介したいと思います。



ミルトン・エリクソンは、このような言葉をお弟子さんにかけました。

「あなたは、深い催眠と軽い催眠のどちらに入りたいですか?」

この言葉の意味することはわかりますでしょうか。


これは、ミルトンエリクソンの典型的な催眠の言葉遣いなのですが、
この言葉の使い方をすることによって、2重拘束という状態に入ってしまいます。

結果として、相手は深い催眠と、軽い催眠のどちらかを選択しないといけなくなるわけですね。


このような言葉の使い方をミルトンエリクソンは得意としました。
結果として、色々な人の心の問題を解決してきました。

その言葉の使い方を体系化したのは、ミルトンモデルと言いますが、
そのNLPのテクニックで、ミルトン・エリクソンのテクニックを学ぶことができます。

NLP無料レポート

NLP体験講座

書籍案内

はじめてのNLP超入門

楽天ブックスで購入する

※各書店で在庫切れになっている状況です。改訂版を2018年4月までに発売する予定です

  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ