「LABプロファイル®」表現変更のお知らせ


この度は「LABプロファイル®」を学ばれたみなさまに、
パターン名称の英訳に、一部変更がございますためご案内申し上げます。


■変更点

これまで「LABプロファイル®」の大きな二つの分類を以下の通り表現しておりました。

・動機づけの特徴
・行動上の特徴

2013年1月より、上記分類のうち「行動上の特徴」「内的処理の特徴」に変更します。


■変更点に関する詳細なご案内

これまで、「LABプロファイル®」に関するセミナー、並びに教材の中で、
以下8つのカテゴリーの総称を「行動上の特徴」としていました。

・スコープ
・関係性
・ストレス反応
・連携
・システム
・ルール
・知覚チャンネル
・納得モード

これらのカテゴリーは、
『外部で起きている出来事や情報を、どのように頭の中で処理するのか』という、
内的処理の特徴的なものをまとめたカテゴリーであるため、
このたび Shelle Rose Charvet 女史と相談の上、
よりわかりやすい和訳表現を追求した結果、上記変更となりました。



「LABプロファイル®」を学ばれるみなさまが実践で活用いただく際には、
カテゴリー名やパターン名などを使うことは稀かと思いますが、
2013年以降開催する「LABプロファイル®」に関するセミナーでは、
変更後の表現を使用して参ります。何卒ご了承ください。


NLP-JAPANラーニング・センター

NLP体験講座
NLP-JAPANラーニング・センターの社会貢献活動
メディア掲載
団体選び7つのチェックポイント
編入をご希望の方へ
安心の返金保証
アクセス
スタッフ募集
セミナー関連グッズ販売
  • 決済方法について
 クレジットカード
弊社では、セミナー、DVDのお申込みに、クレジットカード決済がご利用頂けます。
もちろん、分割もリボ払いも可能です。(分割回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
NLP-JAPANラーニング・センターfacebook公式ページ
NLP-JAPANラーニング・センター代表 芝健太のブログ